肌が弱い人でも施術はできるのか?

肌が弱い人でもムダ毛は生えています。周りの人が永久脱毛をしていれば、肌が弱くても自分も脱毛したいなと思いますよね。サロンでもクリニックでも、施術の時には光またはレーザーを毛穴に対して照射して毛根のメラニン色素を熱反応させます。その際には熱が出るので肌は熱くなるのですが、火傷の防止や肌トラブルの防止策として、サロンやクリニックの多くでは、施術前に冷却ジェルというものを肌に塗布します。冷却ジェルは一般的には医療用として使われる安全なものが使用されているので、肌が弱い人でも比較的大丈夫なのですが、もしも心配な人は、初回のカウンセリングの時に相談してみてください。実際に肌に冷却ジェルを塗布してみて、肌トラブルが起こらないことを確認した上で契約してももちろんOKです。

 

勧誘されたらどうすればよい?

クリニックは医療機関なので、勧誘されることはほとんどありませんが、脱毛サロンの場合には、勧誘は一切しないというサロンもあれば、しつこく勧誘されるサロンもあります。すでに契約することを決心している人なら、勧誘してくるサロンでも特に大きな問題は感じないかもしれませんね。しかし、肌が弱くて最初の無料相談を受けたうえでゆっくり時間をかけて契約するかどうかを決めたいという人にとっては、勧誘されるのは精神的なストレスになってしまうでしょう。そのため、サロンを選ぶ際には勧誘を一切しないとうたっているサロンを選びましょう。クリニックの場合には勧誘などは一切ないので、どのクリニックに行っても安心です。

 

敏感肌ならクリニックが安心

肌が特に弱い人でなくても、永久脱毛の施術を受ける際には様々なトラブルが起こる可能性があります。例えば毛嚢炎などはよく起こりやすいトラブルです。光やレーザーを照射すると、毛根部分のメラニン色素が熱反応を起こしますが、その際には周囲の細胞も熱によってダメージを受けます。そこに細菌が入り込んでしまうと、肌の内側で軽い炎症を起こして毛嚢炎になってしまうのです。不潔な手で触ったりしなければ、そのまま放置していても自然治癒することが多いのですが、肌が弱い人はもともとバリア機能が低下しているため、こうしたトラブルは起こりやすくなってしまうかもしれません。脱毛サロンの場合、トラブルが起こった場合の対処法などはアドバイスをしてもらうことはできても、医師が常駐しているわけではないので、薬を処方してもらったりというケアは受けることができません。万が一のトラブル時には、自分で皮膚科を受診しなければいけないでしょう。しかしクリニックでの脱毛なら、医師がいるのでトラブル時にも対応してもらうことができますし、迅速に適切な処置を受けることができるのです。これは大きな安心感につながりますね。

 

途中で解約することはできるの?

脱毛サロンの多くは1回あたりの施術料金を安く抑えるために、複数回の施術をセットとして契約するシステムとなっています。5回の施術でいくらという料金設定になっていたりするわけですが、こうした複数回の契約をした場合には、途中でやっぱり解約したいと思っても、現金での返金を受け取ることは難しいものです。契約する時に奏した部分についての説明がありますが、肌トラブルが原因でも現金での返金には対応していないサロンがほとんどで、サロンによっては他の施術に振り替えができたり、サロン内で販売しているスキンケア商品と交換するなど、現金での返金以外の対応となっています。

 

契約前に施術を受けることが大切

クリニックの場合でも、複数回の施術で契約した場合には、現金の返金は難しいと考えたほうが良いかもしれませんね。クリニックの場合、1回あたりの施術料金が高いので、解約しても現金が全く返ってこないのはキツイですが、肌が弱い人はそうした後悔をしないためにも、最初はトライアルや1回の施術で料金を支払う方が安心です。クリニックによっては、複数回の施術で契約すれば1回あたりのコストが低くなるお得なパッケージなどがラインナップされていますが、最初の1回はそうしたパッケージではなく、自分の中でお試しという感覚で施術を受けて費用を支払ったほうが安心です。そして、特に大きなトラブルが見られなければ、自分の肌でも施術を受けられるということなので、複数回の施術を契約して単価をお得にすると良いでしょう。