脱毛クリニックは医師がいる病院です

永久脱毛をしようかなという人は、脱毛サロンでするべきか、それとも脱毛クリニックにするべきか、いろいろな点を比較しながらどこで施術を受けるかを決めますよね。永久脱毛では、サロンとクリニックが横並びで比較されることが多いのですが、脱毛サロンはエステサロンの一種で、美容ケアを行う機関なのに対し、脱毛クリニックは医師や看護師が常駐している医療機関という大きな違いがあります。病院なので、万が一のトラブル時には医師が迅速に対応してくれますし、必要な薬なども処方してもらうことができます。サロンではそうした医療サポートは受けることができないため、自分自身で皮膚科を受診しなければいけません。

 

健康保険は使えるの?

脱毛クリニックは医療機関ですが、病気やケガの治療を行うわけではなく、審美目的で脱毛という施術を受けるため、残念ながら健康保険は適用されない自由診療となります。初回にカウンセリングを受ける際には、万が一のトラブル時には健康保険を使って速やかに対応できるように、健康保険証の提出を求められることがありますが、実際の脱毛施術を受ける際には保険適用外となるので、かかる費用は全額が自己負担となります。たまに、クリニックの公式サイトなどで発表されている金額は100%自己負担の場合の金額だから、自分は健康保険を使えば3割負担で済むだろうと勘違いをしてしまう人がいますが、公式サイトで公表されている金額は、自分が負担する金額なので間違えないようにしましょう。

 

トラブルが起きたらどうなるの?

多くのクリニックでは、施術の際に火傷とか毛嚢炎などのトラブルが起こってしまった場合には、施術料金の中にトラブル対応も含まれているため、追加料金がかかることなく対応してもらうことができます。医師がチェックして必要な塗り薬を出してもらったり、場合によっては抗生物質なども処方してもらうことができます。大半の場合には脱毛で起こったトラブルならこれで解決できるのですが、治癒過程が上手くいかなかったり、施術直後にばい菌がウヨウヨしているプールや海などに行ってしまったりすると、治療に通院が必要になってしまう可能性があります。通院が必要な場合には、施術を受けたクリニックで健康保険を適用して治療を受けることができるので、その点はクリニックで施術をする大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

クリニックによって料金設定が異なります

健康保険を使って病気やけがの治療を受ける場合には、どの病院やクリニックに行っても、かかる料金は変わりません。これは、医療費が国によって管理されていて、病院ごとに好きな料金設定ができるわけではないためです。しかし、クリニック脱毛の場合には健康保険適用外となるため、クリニックごとに施術料金は自由に設定することができます。クリニックによって脱毛料金が異なるのは、そのためですね。使用する脱毛機器は異なりますし、院内の雰囲気やスタッフの対応などはクリニックごとに異なるので、どこで施術を受けるか比較する際には、費用面だけではなく多方向からいろいろな点を比較することをおすすめします。

 

複数のクリニックを比較することによって、どのクリニックが良心的な価格で施術を提供しているのかが分かりますし、自分が永久脱毛したい部位ごとに、どこがお得なのかを知ることができます。VIO脱毛ならここのパッケージがお得だけれど、全身脱毛ならこちらのクリニックの方がお得、というように、それぞれ商品ラインナップには特徴があるので、そうした点を比較しながら決めると良いでしょう。

 

保険適用で脱毛することはできるの?

基本的に、「ムダ毛が多くて気になる」「自己処理が面倒」というレベルの脱毛の場合には、健康保険は適用されないため、100%自己負担となります。しかし、多毛症など疾患の治療として脱毛が必要な場合には、例外として健康保険が適用される場合はあります。多毛症というのは毛が多くなってしまう疾患のことで、柔らかいはずの毛が剛毛になってしまったり、毛量が以上に多かったり、顔など本来なら毛が生えてこないはずの部分にも生えてしまったリという症状が起こります。女性の場合、多毛症が原因で月経トラブルを抱える可能性があるので、治療が必要となります。こうした疾患の治療として脱毛を行う場合には健康保険が適用されるので自己負担は少なくなりますが、多毛症かどうかは医師が診察をして判断することになります。